インプラント手術方法は大きく2つ!詳細紹介!

加齢や歯周病などで自分の歯を失ってしまった場合、今までは入れ歯やブリッジといった人工義歯を製作して、失った歯の代わりにする方法が一般的でした。
ですが、このような治療は「噛み合わせが悪い」・「見た目が悪い」などのデメリットも多く、不快に感じる方も少なくありません。
入れ歯やブリッジに馴染めないという方は、「インプラント治療」にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

インプラント治療は顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に義歯を装着する治療です。
自分の歯と同じような噛み心地、見た目が得られるという事から多くの方に選ばれています。
インプラント治療を受けたいと感じている方は、手術方法を確認しておく事をおすすめします。
インプラント治療には手術方法が違う2つの施術法があり、それぞれの手術法のメリット・デメリットを把握した上で、どちらを選ぶか決めなければいけません。

インプラント治療は歯茎を切開する手術回数が異なる、一回法と二回法という種類があります。
一回法は文字通り、歯茎を切開する回数が1回ですむ手術方法です。
1回目の手術で顎の骨にフィクスチャーという人工歯根を埋めた後、ヒーリングアバットメントという器具を装着する施術を行います。
手術後、人工歯根が骨に定着するまで約2ヶ月から6ヶ月程度の期間を空け、上部構造を装着する時にヒーリングアバットメントを外します。
一回法のメリットは歯茎を切開する手術が、1回で済むという点です。
切開する回数が少ないと手術後の痛みも抑えられますし、体への負担も軽減出来ます。

歯医者さんに通う回数を出来るだけ少なくしたいという方にも向いている手術方法です。
ただ一回法の場合、人工歯根が骨と引っ付くまでの期間に、感染症を起こしやすいというデメリットがあります。
もし、感染症を引き起こしてしまった場合、最悪手術をやり直す事にもなってしまうため、この点には注意が必要です。

二回法は2回にわたり、歯茎を切開する事になる手術方法です。
最初の手術で人工歯根を埋めたら、歯茎を縫って閉じます。
骨と人工歯根が定着したらもう1度歯茎を切開し、人工歯根と上部構造を繋ぐアバットメントである、連結部分を装着するという施術を行うのが二回法の特徴です。

2回の手術を受けなければいけないという点はデメリットですが、最初の手術の際に歯茎を縫って閉じる施術を行うので感染症のリスクが少ないと言われています。
一回法・二回法のメリット・デメリットを踏まえた上で、自分に合った手術方法を選択するようにしましょう。