失敗する可能性のあるインプラント治療は危険?

インプラント治療は歯を失ったところに行いますが、希望すればすべての患者さんにできるというものではありません。
治療前には必ず、レントゲンやCTなどで歯を失った部分の骨の状態を確認します。
骨が厚ければ、チタン製のネジを埋め込む手術ができますが、骨の量が不足していたり、薄いと手術が難しくなります。
そのような場合、骨を増やす治療をしてから手術に入ったり、薄くても手術が可能な術式を使うことで対応しますが、極端に骨がない場合は治療を希望していても断られてしまうケースもあります。

骨が少ないケースや、薄いケースなどは失敗の可能性があるインプラント治療と言えるでしょう。
100%失敗すると思われるケースでは、歯科医師はインプラント治療を行いません。
検査結果を患者さんに見せて治療できないという説明を行います。
難しいケースでも、術式などを変えることで対応できればそのような説明になります。

また、インプラントの失敗というのは手術後に判明することもあります。
手術で埋め込んだチタン製のネジが抜けることがあるためです。
本来、骨とチタンというのは結合する性質があるので、自分の歯のように噛むことができます。
しかし、いくら自分の歯のように噛めるといっても、人工物なので定期的な健診が欠かせません。
検診では、噛み合わせのチェックや、掃除といったメンテナンスを行います。

このメンテナンスを受けないでいると、手術後は調子が良かったのにだんだんと噛みにくくなってしまったり、破損や抜けるといった事態になります。
インプラントの注意点として定期検診には必ず行くようにしましょう。
人工歯は細かな調整が必要です。

痛みや腫れといった症状が出ていると、チタンに感染が起きている可能性があります。
自分の歯であれば神経があるので、比較的すぐ状態を自分で把握することができますが、チタンには神経が入り込むことはできません。
お口の中を清潔にして、感染が起こらないようにしなければいけませんが、日々の歯磨きの中で完全に汚れを落とすことは難しいです。

そこで、注意点として原因となる汚れをきれいにするためのクリーニングを受けるようにしましょう。
定期検診を受ければ、その際に専用の器具を使用してお口の中全体をきれいにしてくれます。
インプラントの部分はもちろん、残っている歯も清潔にすることで、お口の中の菌の数を減らして、感染のリスクを軽減することができます。
インプラントは安全性の高い治療ですが、こまめな定期検診を受けることで良い状態を保ちます。