歯痛の原因は歯の根に膿が溜まっているからかも!

歯の痛みにはさまざまな原因がありますが、最も一般的なものが「虫歯」によるものでしょう。
虫歯の進行には段階があり、最も初期の段階であるC0から重度の状態であるC4にまで分類されます。
その中で、痛みが発生する可能性がある段階がC2以降であり、あの不快なズキズキとした歯痛が続くこととなります。
歯痛に関してはロキソニンやボルタレンなどの痛み止めを服用することで一時的に抑えることができますが、薬効が切れると再び痛みだす可能性が高いため、しっかりと治療することが望ましいものです。

虫歯の治療に訪れる人の多くが、自覚症状の発生するC2の段階を過ぎ、歯の神経まで虫歯の菌に侵されてしまっているC3や既に歯の多くの部分が崩壊して根だけの状態となっているC4という段階にまで到達しているものです。
歯痛のピークはC3の状態で、神経が死んでしまった状態であるC4にまで至ると逆に痛みすら感じられなくなるケースも多いものです。
歯の状態がC4であれば、抜歯も視野に入れた治療を行う必要がありますが歯科医院ではできるだけ歯を残せるように治療を進めていくことが現在の主流です。

歯痛は痛みを感じる神経がおかされていることによって発生するものと、さらにその奥深くの歯根部分にたまった膿が刺激となって発生することもあります。
歯の神経の根にまで病巣が進行していくと、虫歯の部分を削り取って埋めていくという治療方法だけでは治すことができませんので、根管治療という手法を選ぶ必要があります。

根管治療とは、病気におかされた歯の神経を取り除いて、病気の元となっている細菌のすみかである歯根の部分を清掃し、きちんと消毒した上でガッタパーチャという薬剤で埋め戻すという治療方法です。
歯根の部分の膿を出し切り、完全に消毒を行わないと、治療後に再び根の部分から歯根嚢胞が発生し、痛みが出るという可能性もありますので、徹底した治療が必要となります。
なお、治療中にも一時的に痛みが発生する場合もあります。
ボルタレンやロキソニンなどの痛み止めを服用すると軽減できる場合もありますので歯科医と相談しましょう。

きちんと根管治療を行っていると、その後は歯根嚢胞が再発することを防げますが、根管治療の完治率はそれほど高くはありません。
歯根の中は複雑に枝分かれしていることが多く、病巣の部分を確実に取り除くことが困難であるということが原因です。
そのため、マイクロスコープなどを使い、歯根の部分をより丁寧に目視した上で、何度も繰り返し清掃と消毒を行うという丁寧な治療が行われるケースが多いです。
治療に訪れる回数は多くなりますが、そのように丁寧な治療を実施してくれる歯科医院は大変良心的で信頼できると考えて良いでしょう。